このエントリの続き。

画像の位置は

imagePosition: true

https://imperavi.com/redactor/docs/settings/image/#s-imageposition

とのことなので、

/config/redactor/Standard.json

に以下のように追加する

{
  "buttons": ["html","formatting", "bold", "italic", "unorderedlist", "orderedlist", "line","link", "image", "video","table"],
  "plugins": ["fullscreen", "table","video"],
  "linkNewTab": true,
  "toolbarFixed": true,
  "imageResizable": true,
  "imagePosition": true
}

右とか左とか指定できるようにはなる。

出力されるコードとしてはこんな感じで。

<figure style="float: right; margin: 0px 0px 10px 10px;">
    <img src="/assets/redactor/photo-1-small.jpg" width="400" height="267" data-image="wr019my4fers">
</figure>

まぁ、これがいいか悪いかはあるけど、こういう方法もあるということで。