昨日は妻と一緒に人間ドックだった。

妻が見せてくれた雑誌を見ていて、なんかレイアウトがバラバラすぎて非常に読みづらかった。
頭に入ってこない感。

雑誌とかを見ること自体が久々だったのもあるかもしれない。

なんかページ内に情報が多すぎるというか、余計な写真がいらない、とか。

そこで僕が探していた情報としては「余計」かもしれないけど、ストーリー的には必要に思う人もいるからそのように編集されて掲載されているわけで。

整理された情報や概要的なものにばかりアクセスしていて、自分の耐性が下がってるのかもしれないな、と思った。


その雑誌がでてるということはそれなりに需要もあるわけで、普通に読んでる人は特に気にならずに読んでるわけだし。

需要を満たせてるという事実があるのだから、個人的に読みやすかったかどうか?という話はどっちかいうと例外側でしかないんだろうし。

そんなことを考えながら、自分の読解力が下がったり、情報処理能力的なものが落ちてないかが心配になったりした。

とりあえず、その雑誌の内容は肉料理の紹介記事だったので、焼肉食べに行けそうなのは楽しみである。