のつづき。

Power CMS X をインストールして、さて何しよう、、、ということでまずはテーマの設定をやってみた。

Websiteテーマの構成 | PowerCMS X
https://powercmsx.jp/about/web...

テーマの設定

このアイコンの中にテーマの管理がある。

マウスを乗せるとメニュー名が出てくるんだけど、ここは表示しておいてほしいような気もするなぁ。
慣れたらいらないのかもしれないけど。ちなみにここは「ツール」だった。

デフォルトで用意されてあるテーマがあったので適用する。

表側にもテーマが適用された。

この辺の大まかなところは Movable Type / PowerCMS 5 と同じ感じっぽい。

メニューをざっと見てみる

Power CMS X は出来ることが色々あるっぽいのでとりあえず管理画面のメニューを見てみる。

ビューとか

ビューってのがテンプレート周り、これまでのデザインとかのメニューに当たる感じっぽい。

多分テンプレートの一覧ぽい。

ここで公開方法とかも選べる

再構築トリガーが色々チェック出来るようになってる。
細かい挙動がどういう感じになるのか、ここも触ってみよう。

記事

記事は記事という感じで。

ページ

ページも同様にページの一覧。

カテゴリ

カテゴリの一覧。

モデルとか

このアイコンのメニューは色々知らない言葉だらけで奥が深そうだ・・・

モデルは Craft のセクションみたいな感じで自分で色々作る系のところ。
DB設計ってことだな。

このメニューも新しい感じ。

先日少し野田さんに教えてもらって、出力したURLとか全てとってあるといってたから、それが見れるようになっている感じっぽい。

ここはフォーム系のメニューかな、、、

この辺はユーザ周りっぽい。

エディタの編集画面

引用のところを抜けてあとに続けて書く方法がわからなかった。

エディタもこれまでと違う感じ?っぽいきもするから色々触ってみよう。

編集画面のフィールドの表示順も変更出来るっぽい

これはユーザごとになるのかな・・??

MTAppjQuery でユーザグループとか権限とかでカスタマイズしたくなるところだけど、どこかに設定があるのかもしれない。

初めて触るとモリモリでお腹いっぱい

どの CMS でも初めての CMS の管理画面を見る人は同じような感じで最初は何がなんだか、マニュアル見ないとわからない、って感じに思ってるんだろうなぁ。
マニュアル読めって話かもしれないけど。

Craft CMS の話をするときとかも気をつけないとだな。

使える機能が絞られていれば迷わないかもしれないけど、この感覚は忘れないようにしないといけないなぁと改めて思った。

引き続き Power CMS X の個々の機能を見ていこう。