Redactor でHTMLコードを埋め込むときには、ソース表示にしてから埋め込むこともできるのだけど、試しに Widget プラグインを使ってみた。

Plugins / Widget
https://imperavi.com/redactor/...

プラグインをダウンロードして

/config/redactor/widget

となるように設置する。

Standard.json など使っている Redactor の設定ファイルを編集する。

"buttons": ["html","formatting", "bold", "italic", "unorderedlist", "orderedlist", "line","link", "image", "video","table","clips"],
"plugins": ["fullscreen", "table","video","clips","definedlinks","handle"],

となっているところを

"buttons": ["html","formatting", "bold", "italic", "unorderedlist", "orderedlist", "line","link", "image", "video","table","clips","widget"],
"plugins": ["fullscreen", "table","video","clips","definedlinks","handle","widget"],

となるように、widget をプラグインとボタンに設定すると、ボタンが追加される。

コードを埋め込んでみたサンプル

HTML的にはこんな感じで入る。

<figure><a class="twitter-timeline" href="https://twitter.com/mersy?ref_src=twsrc%5Etfw">Tweets by mersy</a> <script async="" src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></figure>

とりあえずソースを表示してもいいけど、サクッと入れたいときはコレでもいいかもしれない。