先日キーボード周りの修理からかえってきたMacBookをセットアップし直すことにした。

MacBook Air のキーボードがイマイチなのもあるけど、左のコマンドキーの調子が悪いのが一番きつい。コピーしたつもりが効かずに「C」になってたりとか、、、、

一番時間のかかるDropboxの同期だけを終わらせておいた

思い出したり、作業したら今後のとき用に追記する。

完了タスク

  • mojaveにアップデート
  • Dropboxのデータを同期する
  • 1Passwordのインストール
    • familiyのとbitpartのとがあって最初にどれやるか?でイマイチ挙動がはっきりせず・・・
    • とりあえずbitpartの設定したうえで同期を一旦無効にしてprimaryに設定。
    • そのうえで再度bitpartのを追加したうえで、familiyのを追加
      (妻はあまり使ってなさそうなのだけど、、、それはそれで困るというか心配というか。appleに寄せてしまう方が良いのかなぁ。)
  • Alfredをインストールして同期の設定をする
  • Chrome, Firefox, Firefox Dev Editionをインストール
  • Shift, Station をインストール
  • AppStoreからインストールする
    • Transmit
      • Panic Sync を今回は試してみる。
    • Slack
      • ある程度まとめてアカウント設定できるようになったのは楽チン。
    • Toggle Desktop
    • WinArchiver
  • 各デスクトップにブラウザと主要アプリを割り振る
    • 1 chrome
    • 2 bear
    • 3 safari
    • 4 Firefox
    • 5 Firefox Dev Edition
    • 6
    • 7 viber
    • 8 Station
    • 9 Shift
    • 0 Slack
  • インストールするアプリ
    • Zoom
    • Office
    • XD
    • SourceTree
  • ssh関係の設定を持ってくる

未タスク

  • インストールするアプリ

キーボードがあれでWindowにしたとしたらソフトやインストールのところが結構手間だろうなぁ。。。。

MacBook やっぱり小さいですね。キーピッチが狭くなったような気がしないでもない。どうなんだっけな??

TouchIDを押そうと右手が勝手に動くのはいずれ慣れるだろう。。。。