営業という仕事はしたことがないけれども、刺激的な一冊。
数値で判断される営業だからこその部分も有るのかもしれないけれども、
考えなければならないことは、仕事という枠組みの中では
同じ部分が多いのではないか?という印象

ホットペッパーの事業にかいま見えるシステム化。
このあたりは、いろいろなところに当てはまりそうだなぁ。
当てはまってるなぁという気がした。

コンサルティングとまではいえないから、プチコンとよぶ。
こういう考え方は他の仕事にも十二分に当てはまりそうな気がする。
とりあえず、websiteを作る場合は相手のビジネス全てを知っているわけではないけれども、
その知っていないことこそがプチコン的なものにつながるんじゃないのかな?と。

・何屋プチコン
・見えないマーケットの難しさ
・情報共有、知ろうとする気持ち、知る機会
・できない理由←→できる理由

自分の発想がかたいなぁという印象。
柔軟に考えつつ、論理的、客観性が必要だな。