自分の事(健康とか)を管理できていない人は・・・
とかよく聞くわけですが。
海外とかは特にそういう傾向があるらしいけど。

目的・目標があればそこまで到達しやすい
というのは筋トレもそうだろうし、
勉強するときも必要だろうな。

仕事をする上でももちろんあったほうがいいだろうし、
どういう人生を送るとかも見えてれば
いろいろなことにチャレンジしていって
いい循環を生むことができるのかも。

仕事のとっかかり、大きな仕事は細分化してとかよく言うけれども、
うまく最初の一歩が踏み出せるかどうかは
仕事と同じように、筋トレも重要。

仕事の場合やらないといけない、という背中をおすものがあるけれども、
筋トレの場合、多くはそこまでせっぱ詰まったわけではないだろうから、
なおさら、その最初の一歩が重要そう。

そのためにも、最初に立ち戻って、目的・目標を明確にすることが必要なんだろうな。

ぶっちゃけ、トレーニングはきらいだけれども、
体が資本だと言うことは常々痛感してるし、
それを維持するために必要なのであれば、
トレーニングなり、体を動かすことをしないといけないんだろうな、と。

トレーニングにあわせて、日々の生活を見直すことも必要かもしれないが。。。

そういうことを改めて考えさせてくれる一冊なのではないかな?と。

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか
山本ケイイチ
幻冬舎 ( 2008-05-29 )
ISBN: 9784344980860
おすすめ度:アマゾンおすすめ度