日本郵便がハード保守契約を全面見直し、ITベンダーの反発は必至 | 日経 xTECH(クロステック)
http://tech.nikkeibp.co.jp/it/atcl/column/14/346926/012701285/

保守にレベルがある話が書かれてあるのだけれども。
これってウェブサイトにも似たような話があるような気がしていて。

落ちたら困るようなサイトであれば落ちてないかを 24/365 で監視した方がいいだろうし、何かあった時にそれに備える必要があるとは思う。

優先順位もつける必要はあるだろうけど、どこまでがサービスとして許容できる範囲で、どこからがNGなのか、を明確にした上で、どこまでを監視しして、保守する、そのための体制を作るのか?ということを考えておかないといけないんじゃないのかしら?

検収ってなんだろう?っていう話にもなってくるところではあるが、そういうサイトを運用するつもりなのであれば、納品とかそんなこと言ってられない気もするし、そこからがスタートなわけで。

そこを踏まえて、開発から運用までを考えて構築していくのか?運用していくのか?
制作をするにしても、もう少し広い目で見ていく必要があるんだろうなー。

と、以前からこのエントリをメモ的に書いておいて、今日公開しようとしてたところ、昨晩はそんな感じで障害対応があったりなんだり。。。
そんなもんですよね。