• mdファイルで書きたい
  • できればgithubpage使いたい

Hexo
https://hexo.io/

Documentation | Hexo
https://hexo.io/docs/

$ npm install hexo-cli -g
$ hexo init blog
$ cd blog
$ npm install
$ hexo server

これまでのjekyllのと違ってpermalinkがファイル名を使ってたのでファイル名を
yyyy-mm-dd-title.md
から
title.md
に変更した

$ hexo server

http://localhost:4000/
で確認できる。

GithubPagesへデプロイ

Gitでデプロイするためにインストール

$ npm install hexo-deployer-git --save

config_yamlに設定を書く

deploy:
  type: git
  repo: git@github.com:mersy/mersy.github.io.git
  branch: master
  message: [message]

他のデプロイ先も選べるみたいでこれはなかなか便利かも。

Deployment | Hexo
https://hexo.io/docs/deployment.html

Atom用の拡張

MarkdownファイルはAtomで書くと思うのでひとまずインストール

atom-hexo
https://atom.io/packages/atom-hexo

コマンド(cmd-shift-P)

- hexo new          # Create a new post
- hexo publish      # Publish a draft post
- hexo generate     # Generate static files
- hexo deploy       # Generate static files and deploy
- hexo clean        # Clean the cache file and generated files

下書き

$ hexo new

でdraftを作成する
_draft 以下に生成される。

$ hexo server --draft

でローカルで下書きが確認できる

新規作成時のテンプレート

  • /scaffolds
    • draft.md : ドラフト投稿用のテンプレート
    • post.md : 投稿用のテンプレート
    • page.md : 固定ページ用のテンプレート

JSONを作成する

このへんのプラグインがありそう。

ひとまずは hexo-generator-json-feed を試してみている

highlightの無効化

コードを含む時にcode部分はシンプルにしたかったのでhighlightを無効にする

highlight:
  enable: false

TODO

  • カテゴリの設定
  • 検索(flexibeSearch)
  • 引用のデザイン

参考リンク