幅広いテーマを扱っていて、
それについての考える切り口をたくさんもらえる一冊

なんだかんだで平和な日本だから、変わらなくても暮らして行けちゃうところが多いんだろうけど、
何かが変わらないと、良くないところは治らないんだよね、
というのはやはり大筋らしい。

政治の仕組みが変わることが必要なのか。
日本人全体の意識を変えることが必要なのか。
とりあえず、報道あたりからかえれば変わるのか。

格差、所得差、選択の結果
というところは混同されてることが多いよな、という印象。
高所得を望んでるのに、同等のことをしても得られないのは問題かもしれないけれども、
所得が低いことを選択している場合、そこには所得差はあるだろうけど、
それでしかない、という事実。

各政党が来るべき選挙に備えて言ってることはそのあたりもあるんだろうな。。
あるんだよね???

ま、黒字倒産しないでくださいな、という感じだよね。
企業の倒産の責任が経営者にあるとすれば、
その責任は政治家って事になるのかねぇ。。。

=====

発売日が4/18だって!
mixiのレビューに書くときに気がついた(笑

どうした、日本―中川昭一と宋文洲の不愉快な対話
中川 昭一/宋 文州
ダイヤモンド社 ( 2008-04-18 )
ISBN: 9784478082683
おすすめ度:アマゾンおすすめ度