散歩に出たくなる一冊。
たまたま、先週末がほとんど作業だったのと、
カメラを持って出ても特に何も撮らなかったのがあるのかもしれない。
心に余裕が無かったのかな。

きれいな青を再現出来る写真とかが撮れるようになりたい。
カメラを代えたから、レンズを代えたから、でできるものではなく
シャッターを切った数によるんだろうな。

広角として28mmがオススメされてた。
普段は40mmをもって歩くことが多いんだけど。
もう少し広角が欲しいと思うことがおおいんだよな。
標準レンズの広角側でもいいのかもしれないけど、なんかが違う。
なにがちがうのかしら??実はなにも違っていないのかもしれないけど。
広角過ぎるのは広角すぎて大変とかかれてあったけど。
望遠のレンズ、マクロレンズもいいけど、なんとなく広角レンズがほしいかも?
大先生にいつか相談してみよ。

カメラをもってどっかいきたいな。
とりあえず自分ちの花にしておこうかな。   

写真がもっと好きになる。 菅原一剛の写真ワークショップ。
菅原 一剛
ソフトバンククリエイティブ ( 2008-04-26 )
ISBN: 9784797347401
おすすめ度:アマゾンおすすめ度