時々乱数がチャチャッと欲しくなる時があって。
普段は 1password の password 生成を使ったりもしてるんですが、 1password をブラウザの拡張から開くときとかに若干時間がかかったりして、サクッといかなかったりしてた。

Slack でちょっと聞いてみたけど特にこれというのがなさそうだったので、試しに Alfred で作ってみた。
作ってみた、といってもサンプルで用意されているものをカスタマイズしたり、 @tinybeans や @bun に作ってもらったものを参考にしたりした。

デフォルトで入ってる Snippet Tiggers あたりを参考にして。

コマンドは

Alfreadのスニペットに乱数生成のコードを登録しておくと便利 - カメニッキ
http://tapira.hatenablog.com/entry/2015/12/12/194610

を参考にして10文字でとりあえず作ってみた。

cat /dev/urandom | LC_CTYPE=C tr -dc '[:alnum:]' | head -c 10

これで snippet とかで使える感じでいいかも。


登録後はこんな感じ。

スニペットの設定

キーワードの設定

スクリプトの設定

参考リンク