提案:エンジニアに気軽に「バグ」というのはやめませんか? - worker experienceの日記
http://workerexperience.hatenablog.com/entry/2018/02/28/205329

個人的には意識して言わないようにはしてるつもりではあるけども。。。どうだろうな。。。

バグの前として、チーム内だと仕様をちゃんと伝え切れたかどうか?といったことも影響するだろうし。

結構クライアントからは不具合とか言われることがあるのでそこは許容しつつ、、、
お客さんも意識して言ってるというより、他の言葉を知らない可能性もあるだろうし、クライアントからしたら期待したものになっていない、というからそう言ってしまうこともあるわけで。

何か言い方のルールとか考えた方がいいんだろうなー。

不具合報告とかも、不具合です!とか言われるだけでは特に意味のある報告でもないからそこから不具合を解消するためには、確認とか色々増えてくるわけであって。
どこで何がどう不具合を思ったのか?
これも双方でのコミュニケーションだったり信頼感とかの話な感じですね。

結局、信頼感が築けてなければ、バグ、瑕疵と言われ続けるだけな気もするし。

そもそも、勘違いでバグとか言ってる人はこの先変わらないだろうから、それは勝手に置換するように考えないと精神的には持たないだろうな、とは思うな。