Craft 3 に対応した Reasons プラグインでフィールドの表示制御をしてみる #craftcms

Craft CMS

20201223 1015

フィールドに値があるときに、別のフィールドに入力する、という場合が要件としてある場合もあると思う。

以前、Conditional Fields プラグインを使った場合のことを書いた。

たまたま 2020 Year in Review | Craft CMS をみていたら Reasons が紹介されていたので見てみる。

2020 Year in Review | Craft CMS
https://craftcms.com/blog/2020

Craft 3 にも対応したっぽい。

Reasons
https://plugins.craftcms.com/r...

他のプラグインもあとで見てみよう。

プラグインのインストール

プラグインを追加する

composer require mmikkel/reasons

追加したプラグインをインストールする。

./craft plugin/install reasons

フィールドごとの設定

プラグインをインストールするとこのような感じで設定のボタンが出てくる。

20201223 1003

条件分岐として、例えばテキストフィールドの値と同じかどうか?をみて出すようにしてみる

20201223 1006

この状態で管理画面を見ると内容が一致するとフィールド(testwebp)が表示される。

20201223 1007

一文字でも違うと表示されない。

20201223 1008

試しにタグフィールドの値があるかどうか?を設定してみた。

20201223 1009 01

タグが保存されている時は期待した感じで動作する。

20201223 1009 02

タグ未選択の状態(testwebpが表示されない)

20201223 1012

タグを選択する。

20201223 1013

タグを選択して裏側で保存が走ったところで対象のフィールドが表示された。

タグの値をみて分岐する、とか細かいことは出来ないのだが、そこを細かくやりたいときは入力タイプを用意しておいて、それを切り替える方が Craft CMS の使い方としてはあってそうな気がする。

ちょこっと使いたいときには便利そう。