ローカルに MT の開発環境を作れる mt-dev が出てたので試してみた。

MTの開発環境を簡単に作れる mt-dev を公開しました - ブログ | CMSプラットフォーム Movable Type ドキュメントサイト
https://www.movabletype.jp/blo...

MacBook Pro にかえてからまだ Docker も Vagrant も入れてなかったので。。。

先日 Craft CMS の Nitro みたいなかんじなのかな。

MTをローカルで動かすためにはPerlだ、MySQLだ、ImageMagickだ、と面倒くさそうな印象があったのでこういうのはありがたい(いつも @tinybeans にどこかに用意してもらってた。

Vagrant 周りのインストールから ReadMe にある手順で進めていく

mt-dev/README.ja.md at master · movabletype/mt-dev
https://github.com/movabletype...
brew cask install vagrant
brew cask install virtualbox

git clone git@github.com:movabletype/mt-dev.git mt-dev
cd mt-dev
cp ../MT7-R4608.zip archive/
vagrant mt-dev up ARCHIVE=MT7-R4608.zip
vagrant mt-dev exec-mysql SQL='CREATE DATABASE mt /*!40100 DEFAULT CHARACTER SET utf8mb4 */'

これでhttp://192.168.7.25/cgi-bin/mt/mt.cgiにアクセスして MT のインストール画面が表示された。

必要な情報を登録してインストール完了。

Vagrant まわりがなかったから時間がかかったのはその辺くらいで、既に環境がある人はサクッと作れそうだなー。
(そういう環境がある人は既に手元にMTの開発環境ありそうだけど・・・)

立ち上げたのは止めておく。

vagrant halt

個人的にはプラグイン作るとかはなさそうだけど、開発元がこうやって用意してくれるのはありがたい!
公開お疲れ様でした!ありがとうございますm(__)m