ドキュメントなどの作成をできるだけ自動化したいので、まずは手動でできる環境を整えるところから。
MTでドキュメント書きつつ、そこから各種ファイルを作るところまでが目標。

Pandoc

VMWare 上の CentOS に Pandocをインストールする

MacにPandocを入れるのはインストーラがあるからだいぶ簡単だけど、CentOSにいれるのはなかなか大変。

Pandoc - Installing
http://johnmacfarlane.net/pandoc/installing.html

よくわかってなかったけど、必要そうなモノ

  • haskell-platform
  • cabal
  • ghc

以下のサイトをみながら、色々試行錯誤してHaskell環境を整えた。

./configure
して
make
make install
が走って良かった・・・・

pandocをインストール

cabal update
cabal install pandoc

インストールされた後、pathが通ってなかったりはしてましたが。。。

PATH=$HOME/applications/haskell/ghc-7.6.3/bin:$PATH
PATH=$HOME/applications/haskell/haskell-platform-2013.2.0.0/bin:$PATH
PATH=$HOME/.cabal/bin:$PATH

を.bash_profileに追加

CentOS6.4へhaskell(ghc-7.6.3), haskell-platform-2013.2.0.0, pandocインストール | hiro345
http://www.sssg.org/blogs/hiro345/archives/15052.html

で、インストール用のスクリプトが紹介されてるから、次はコレを使ってみてもいいのかもしれない。

pandoc -f markdown -t html sample.md -s -o sample.html

で、mdからhtmlが作成されたのを確認。

参考リンク

GitBook

GitBookを試してみる

GitBook
http://www.gitbook.io/

CentOSにnode.jsをインストールする

以下のリンクを参考にして、nodeを入れる

メモ

# yum -y install openssl-devel

$ vi .bashrc

以下を追記

. ~/.nvm/nvm.sh
nvm use v0.10.28

versionを確認

$ node -v
$ npm -v

GitBookをインストール

とりあえずローカル環境で動作を試す。

npm install gitbook -g

Grunt

Gruntでやる方法

MarkdownからEPUB データを生成する「grunt-mdeb」を書いてみた – Mach3.laBlog
http://blog.mach3.jp/2014/02/13/grunt-mdeb.html