リリースされた Craft 3.7 で少しエントリの作成のところが変わった。

Editing Entries in Craft 3.7 | Craft CMS
https://craftcms.com/knowledge...

エントリを作成して、 Create entry で記事が公開(公開予約、非公開)されるという感じ。

公開という言葉がわかりにくいのだが、、、これまでは作成すると draft ができ、その draft を公開すると entry ができて公開にできる。
このフローが省略できるという感じ。

entry ができるという表現もまた違う気はするのだが。
セクションがそれぞれあってそこに登録していったデータが entry なので entries となっているわけだし、、、

3.7 以前で作成した時はまず draft (下書き)になる。

この draft を公開することで、ステータスを有効(公開予約)、無効、に指定ができる。
draft は公開して、ステータスは無効の状態。

ステータスは有効で投稿日が未来の場合。

draft が公開されると entry になり、 entry には有効・無効(公開・非公開)のステータスを持つ。
entry を編集してそのまま適用することもできるし、公開状態の entry を編集するけどまだ公開しない場合は draft として保存することができる。

この辺りの挙動は細かく変化が多いので、3.7もまだ調整しながらということになるんだろうけど、、、
公開済みのエントリを将来差し替えるような機能がいずれ出るのかなぁ、、、

以前調べた Pulisher プラグインのような機能。